わかるのがセンスのある人・できるのがセンスのいい人

人からよくセンスがいいといわれます。

大人の女性が褒められて嬉しい言葉の3位が「センスがいい」だそうです。

誰だってセンスがいいといわれてうれしくないわけありません。

 

センスがいいかどうかってなにで決まるんでしょう?

 

私はセンスとは選択の基準だと思っています。

洋服を買う時にデザインの好き嫌いだけではなく、自分に似あうか、他のものと合うか、どんな時に着るかまで想像して、買うかどうかを決められる。それをセンスがいいっていうことなんじゃないかと。

好き嫌いや、着たい欲しいという欲望だけが選択の基準だと、買ったものを生かせない。

それはセンスがあるとは言い難いです。

 

好きなものをみつけるセンス

みつけたものを生かすセンス

どちらも必要です。

 

料理でいうと、美味しいものを食べることは好きですよね。美味しいものをみつけるのもセンスですし、美味しいものが美味しいと味わえるのもセンス。

食べることにセンスがある人が必ずしも料理がうまいとは限りません。美味しいと思ったものをつくる人と、美味しいものを探す人は違います。

洋服もそうですよね。おしゃれが好きな人が、必ずしも洋服を作る人にはならない。

料理を作る人で、美味しいものが好きじゃない人は多分いないのではないでしょうか。

同じ美味しいものを食べることが好きない人でも、選択の分かれ道があって、どこへ行ったらもっと美味しいものが食べられるのか?って思う人、どうやったら自分でこれをつくれるのかって考える人、あるいはこの美味しい体験を他の人にもして欲しいと知らせる人、紹介する人、いろんな選択があります。

 

センスとは選択の基準だっていいました。

どんな体験をしたときに、自分が一番満足するか、それが選択するかどうかのひとつの条件です。

その満足を体験したいがために、人は選択を繰り返すんです。体験の回数が少ない時は、まだ自分の選択の基準があいまいで、偶然だったり、なんとなくそうなったくらいですから、確信がありません。何回も選択を繰り返すことで、満足したり悩んだり、それによって学習していいきます。お気づきではないでしょうが、ほぼ無意識に自動的に、欲しい体験が手に入るようになります。

そうなったときには、相当センスがいいのです。

 

1万時間の法則です。

ひとつのことを1万時間繰り返すとその道のエキスパートになるんです。1日3時間で10年、1日1時間で30年。

その1万時間の濃度と質が大事なことは間違いありませんが、少なくとも興味を持ち続けている、どうしたらもっとよくなるかという意識が継続している、ここがポイントです。

センスがいいというのは、なにかのエキスパートになっているというサインです。

センスは感性ともいわれます。私はセンスを感じる力と呼んでいます。どれくらい感じられるか、それは感度高さ敏感さ、感受性と知性、それと震わせられる心のやわらかさと強さ。

もっと感動しましょうよ。それがセンスを磨くことですから。

なにが感動のポイントなのかは人によって違います。自分を喜ばせるツボを知っているかどうか、それと好奇心といい意味のしつこさ。

 

自分の感動ポイントがわかるのがセンスのある人

自分で自分を感動させることができるのがセンスのいい人

 

わかるとできる

どんなジャンルに好奇心があって

どんな選択が満足する体験なんでしょうね?

 

部屋は大切なものがつまった宝箱

その人の住んでいる部屋、それはその人の心の内面が映し出されています。

 

特に自分の部屋というのは、子どもの時から自分のやりたい放題、好き勝手だったはずです。

私が子どもの頃は、お菓子の空き箱の中に大事なものを入れて、時々その箱を開けては箱の中身を眺めて楽しむということからはじまりました。

箱の中に入っているものは、布の端切れやボタン、リボン、小石、小さなおもちゃ、飴の包み紙。私にとって大事な宝物たち。そういう大事なものを入れておくきれいな箱を宝箱です。

自分の部屋って、その宝箱が大きくなったようなもの。 続きを読む

花のある部屋とアクセサリーのおしゃれ

おしゃれな人はアクセサリー使いが上手です。

ファッションに関しては専門外ですが、おしゃれすることは大好きで、部屋づくりとおしゃれって相関関係があるなと感じています。

特に部屋の中の花とファッションのアクセサリーは似ています。れぞれ部屋とファッションの印象を変えるのです。

部屋づくりの花も、ファッションのアクセサリーも、部屋全体、ファッション全体の比率から見ると小さな存在です。

花もアクセサリーもなければなくても困りませんよね。でもあるのとないのとでは、大きな違いを作ります。どんな違いかといいますと、格を上げる、グレードアップします。 続きを読む

わたしの○○は楽しめない

私のメンターはいつもとても興味深いことを教えてくれます。

すべての苦しみ、それは執着からきます。
執着しているものを見つけましょう。

それは「わたしの◯◯」

執着というは、深く思うこと、こだわること。
心理的な執着は、過去の体験やニーズにしがみついて、今ここではなく過去に生きていることです。

執着?過去を生きる??

よくわからないですよね。
執着の特徴は、自分が執着していること自体に気がつかないことです。 続きを読む

メンターと母と大人の女性ライフ

私にはメンターがいます。

私よりも人生の先輩で、心理学の先生で、そして教えながら学び続けています。
学んだことを実践し、そうしながら役に立ったことや、気づいたことを、自身の体験を通してわかりやすく教えてくれます。

私もメンターから学んだことで、生かしたことや気づいたことを、また自分の体験を通して、伝えていきます。

そんな風にちょっとだけ人生の先輩である「お姉さん」として、私が体験した良かったこともそうでなかったことも、私よりもちょっとだけ後輩の方の役に立てたらいいなって思って書いています。 続きを読む

50代ファッションいいじゃない加齢による3つの「シ」

今から2年後の2020年には、日本人女性の半数が50才以上になるそうです。

このことを知ったときの反応は人それぞれ。日本という国の未来や、自分自身の未来のことを考えるとネガティブな話題ですよね。この時点で、この時間の流れにあらがうことは出来ません。

私は今年56歳

このニュースを知ったときに、私は下っ端なんだなって思いました。 続きを読む

美しい文章を書く人

美しい文章を書く人がいます。

必ずしもその人が書いた文章が上手いとか、わかりやすい文章とかいうわけではないのではないのですが、書いた人の存在を感じるような文章です。

書いているその人の心の動きや、体温すら感じるような文章を読むとその人の姿が見えるような気がします。自分の中にある想いが表現いるのだけど、そこには相手の存在が感じられる。伝えたい人に、どうしても伝えたいという気持ちで書かれた手紙のようです。 続きを読む

魅力的で美しい声の人になりたい

はじめて録音した自分の声を聴いたとき、これが私の声?と驚いたことを覚えています。
自分が思いのほか甲高く、想像よりもずっと幼い声に感じてがっかりしました。

大人の女性の声はトーンが低くて、そして話し方もゆったりとしているものだと思っていましたので、早口で、とても落ち着いているとは言えない話し方をする自分の声を聴いて、なんとも言えない気持ちになったものです。 続きを読む

冬至

2017年の冬至は12月22日

今が一年のうちで一番陽が短く、

そして夜の長い時期です。

冬至が明けると少しづつ、陽が長くなっていきます。

冬至は陰の極み、ここから陽に変わっていきます。

冬至正月とも言い、冬至の晩は大晦日

柚子湯で禊ぎをして、陽の気を迎えます。

写真は、冬至の盛り物を設えたもの

陰の気を祓う南京、小豆、柚子、唐辛子

そして12個の丸い団子で一年を表しています。団子ひとつひとつが、その月がどこも欠けたところのない丸く完全であることを形にしてあります。

 

今夜はゆっくりお風呂に入って、今年一年を振り返ってみるというのはいかがでしょう。

今年一年、今日までなんとかやって来れたことに感謝しましょう。

いろいろなことがあった一年だったけれど、ひとつひとつの出来事を良い悪いと分けるのではなく、すべて含めて完璧だったという目で眺めてみましょう。

 

そして…

自分自身のことを承認しましょう。

よく頑張りました。よくやってます。

資格をとった目的とその資格を選んだ理由

「とった資格を仕事にするにはどうしたらいいのでしょう?」という相談を受けることがあります。

 

そういう相談を受けたときに、私が質問することは

「なぜその資格をとったのですか?」

その資格をとろうと思ったとき、なにを考えなにを思ったのか、それを思い出してもらいたくて質問します。 続きを読む