インテリアコーディネーターの私が花を生けるわけ

仕事で花を生けるようになって、約20年間、回数にすると多分1000回は超えています。

人からよく花の専門家ですか?と聞かれることがあるのですが、「いいえ インテリアコーディネーターです」と答えています。

インテリアコーディネートの一環として求められるままに、会社のエントランス、セレクトショップ、フレンチレストラン、クリニック、セミナールーム等に毎週花を生けるということを続けてきました。

毎週同じ場所に花を生けているインテリアコーディネーターは多分私しかいないんじゃないかと思います。

 

いつも植物と花が一緒でした

30年の間に、エクステリア庭や屋上などのデザイン、観葉植物のコーディネート、植木の生産、撮影のスタイリスト、モデルハウスのコーディネートなどいろんな仕事をしてきましたが、ずっと変わらずにコーディネートに必須アイテムは植物と花です。

それも生きている本物の花

アートフラワーでも元生きていた花でもありません。

私にとって花を生けることは、コーディネートの一環です。

またインテリアには花が必須アイテムだと思っています。

 

インテリア撮影の現場で

インテリア撮影をするときに、誰も映らない部屋は写真にすると無機質でどうしようもなくクールに見えます。クールさを緩和するには有機質なものを加えるのに限る。その時に花と水が役立ちます。

イミテーションの植物や花は、どんなによく出来ていても決して有機質ではありません。不思議なのですが写真ではそれが写ってしまうのです。

写真には気配が写ります。

インテリアの撮影は、日の光や時間など様々な理由でその場でカメラのアングルが決まります。コーディネートには臨機応変さが求められます。そのため花と花器を何種類か用意して、その場で手早くぱぱっと生けられないとなりません。

だからフラワーアレンジメントなどの完成された形のものでは対応できないのです。

 

それから、誤解を恐れずに書きますと、フラワーアレンジメントは目立ちすぎます。

そして有機的な線ではなくて、面、あるいは立体で、気配に大事な光と風を通しません。

 

生けた花が普段着に対して、フラワーアレンジメントおめかしのドレス

お祝い事や華やかさを演出するシーンにはうってつけですが、日常ひとこまを撮影するインテリア撮影には不向きです。

 

それと同じように、花を生けることが専門の方の花も、撮影には不向きです。

おそらく花を中心に見ているからでしょう。

 

インテリア空間の中の花です。

撮影のシーンの中の花です。

花だけではない背景を見ることが出来るので、インテリアコーディネーターの私が花を生けています。

きずな出版様 社長室

 

バックグラウンド

私は元々は花の専門ではないけれど、植木の生産管理、造園の仕事がバックグラウンドにあります。

植物には詳しいのです。人の名前を覚えるよりも、植物の名前を覚える方が得意です。

季節を盛る、日本の伝統行事を設える学びを10年ほどしてきました。そのことで、なんとなくやってきたことの意味を知り、それを形にすることを心がけています。

すべての行事は祖霊や神様への祈りと感謝のかたち

部屋に花を生けることも、祖霊や神様への祈りと感謝のかたちに通じています。日常の暮らしの中に神様の存在を思い出すことでもあります。

 

美しい部屋に花はなくてはならない存在です。

それが、インテリアコーディネーターの私が花を生けるわけです。

 

 

花を飾ることについて書いた記事

『花を飾れない3つの理由と飾ると得られる3つのメリット』

 

子どもの頃の才能自慢をしてみませんか?

人の才能を発見することは私の喜びです。

特に目の前の人の、本人にとって当たり前過ぎて、それが才能であるなんて思っていないような本質的な才能を見つけた時には、例えていうなら大輪の花そう芍薬が開花する瞬間に立ちあったような、思いがけず車窓に花火が見えたような、ものすごいご褒美をもらったような、そんな喜びです。

好きなことを仕事にしたい人や、自分のプロフィールを作りたい人のコンサルティングでは、いろいろな質問をして、自分自身について深く掘り下げて考えてもらいます。

続きを読む

どこに?だれと?暮らす??50代女性の分かれ道

老後とは言いたくないけど、50代になって、これから先どんな暮らしをしていきたいかしらって思ったときに、気になる調査記事見つけました。

人生の終焉をどこでだれと過ごしたいのか、具体的に考え始めるのは50代になってからだというのです。

私が驚いたのは、どこで?はわかります。しかしだれと?に関しての意識です。

続きを読む

大人の女性は経験と才能で理想の家を育てる

理想の家で暮らすことは、誰にとってもひとつの夢です。

暮らしにあった家を手に入れる場合もあれば、家に暮らしを合わせる場合もあります。どちらの場合にせよ、暮らしの変化と共に見直したり、調整していくことが大切です。女性は日々の変化に敏感です。また、どちらかというと問題を見つけるのが上手です。女性ならではの視点で賢く暮らしながら、理想の家に育てていくというのはいかがでしょう。

続きを読む

「片付けられない女」で女心が傷つく深層心理の秘密

片付けられないことと、女であることは、特に関係性があるわけではありませんが、「片付けられない女」と口にするときに、なんとも自虐的で、心がチクリと痛い感じがします。

この心の痛みには心理的にどんな秘密があるのでしょう。

部屋が片付けられないことで、男性よりも女性の方が、悩みが深刻化しやすい傾向にあります。男性は片付けられなくても、本人にとってはそれほど問題意識がないために、家族や周囲の人の方が悩むことが多くなる傾向があります。

それに対して女性は自分が「片付けられない女」だと思うことで、部屋の片付けだけではなく、他の様々なこと、自信を失ってしまう傾向があります。

 

 

続きを読む

「私主婦なのに…」片付けられない悩みが深刻化する4つの理由  

片付けがブームになると、昼間のテレビ番組や主婦向けの雑誌などでも沢山の特集番組や記事を目にすることが多くなっています。また、書店の暮らしのコーナーでも片付けに関する本がずらりと並んでいます。

テレビ番組も雑誌も本も、主に主婦層がターゲットであることは明らかです。

これだけ主婦がターゲットになっているということは、主婦層に片付かない人の割合が特別に多いのでしょうか?

本来片付けられない人は、性別や、家族の有無や、仕事の有無に関係なくいます。むしろ片付かないという悩みが、他の層よりも主婦層にとっては身近で特別深刻な問題なのではないでしょうか。

なぜ主婦にとって、それほどまでに片付かない悩みが深刻なのかを考えてみました。

続きを読む

片付けられない 捨てられない悩みやストレスを軽くする方法

片付けられない 捨てられないこの二つの悩みがストレスになっていませんか?

片付けるとか捨てると人生が良くなるという言葉を見聞きする度に、そうする方が良いのは十分すぎるほどわかってはいるけど思うように出来ない、ますますストレスが大きくなり重くなってくる…

片付けられないと悩む人のほとんどが、捨てられないという悩みも同時に待っています。捨てられないと悩む人が必ずしも片付けられない訳でもありません。この二つの悩みが混ざってしまうことで誤解を生み、ますます片付けや捨てるということに関しての苦手意識が増幅しているようです。

片付けられないと捨てられないこの二つの悩みとストレスを軽くするための方法に心の観点から考えてみます。

続きを読む

部屋と仲良くなるには?部屋づくりはコラージュづくり

コラージュを作ったことはありますか?コラージュは写真や文字を切り貼りしてひとつのイメージを作ります。コラージュの特徴は貼る写真などは必ずしも自分の撮ったオリジナルではなく、雑誌などから切り抜いた広告ページだったり、写真の部分だったり、本来写真を撮った人の意図とは関係なくトリミングされ、他のものと組み合わされて再構築されたものです。そして出来上がった作品は他の誰にも創造することが出来ないオリジナルの作品になるのがコラージュの面白いところです。

部屋づくりはこのコラージュづくりに似ています。部屋の中に家具やカーテン、照明、更には部屋の中で暮らすのに必要なものを入れていきます。それらはすべて長い時間をかけてあなたが選んだものを、部屋という箱の中で再構築したあなたの作品です。

続きを読む

何歳になってもずっとしなやかな女性でいるためには

心身共にしなやかな女性でい続けたいと思いませんか?

ストレスが体に表れるというように、心と体が関係していることは広く知られています。40代後半にもなってくると、心身の健康管理をする目的が今の状態を維持するためにでも大変だということが少しづつわかってくるのではないでしょうか。

体験出来る幸せの質を上げるには、心と体のしなやかさ大事になってきます。体も心もしなやかさをキープするためには日々のトレーニングが大切です。

続きを読む

SMAP解散失ったときにわかる好きだった理由と愛していたこと

SMAPというアイドルグループが解散することが決まって、最後のテレビ放映を何気なく観ていました。グループ誕生から28年、テレビ番組SMAP×SMAPの放映20年9か月という時間の経過を、番組を観ているときから感じていました。

私自身が特別にSMAPファンだったという訳ではありません。5人の内の誰かが特別に贔屓だった訳でもありません。またこの番組を観るのを毎週楽しみにしていた訳でもありません。ただテレビの画面を観ながら感じたのは、もうこの5人で一緒のところを観られないこと、また彼らの唄を聴けないのはとても残念で、そしてすごく淋しいということです。

この寂しさが時間と共に大きくなっています。

そして同時に、彼らがどのように素晴らしかったか、他のアイドルグループにはない存在理由があったのか、その唄に込められたハートを感じます。

続きを読む