片付けられない

わたしの○○は楽しめない

私のメンターはいつもとても興味深いことを教えてくれます。

すべての苦しみ、それは執着からきます。
執着しているものを見つけましょう。

それは「わたしの◯◯」

執着というは、深く思うこと、こだわること。
心理的な執着は、過去の体験やニーズにしがみついて、今ここではなく過去に生きていることです。

執着?過去を生きる??

よくわからないですよね。
執着の特徴は、自分が執着していること自体に気がつかないことです。

 

続きを読む

「片付けられない女」で女心が傷つく深層心理の秘密

片付けられないことと、女であることは、特に関係性があるわけではありませんが、「片付けられない女」と口にするときに、なんとも自虐的で、心がチクリと痛い感じがします。

この心の痛みには心理的にどんな秘密があるのでしょう。

部屋が片付けられないことで、男性よりも女性の方が、悩みが深刻化しやすい傾向にあります。男性は片付けられなくても、本人にとってはそれほど問題意識がないために、家族や周囲の人の方が悩むことが多くなる傾向があります。

それに対して女性は自分が「片付けられない女」だと思うことで、部屋の片付けだけではなく、他の様々なこと、自信を失ってしまう傾向があります。

 

 

続きを読む

「私主婦なのに…」片付けられない悩みが深刻化する4つの理由  

片付けがブームになると、昼間のテレビ番組や主婦向けの雑誌などでも沢山の特集番組や記事を目にすることが多くなっています。また、書店の暮らしのコーナーでも片付けに関する本がずらりと並んでいます。

テレビ番組も雑誌も本も、主に主婦層がターゲットであることは明らかです。

これだけ主婦がターゲットになっているということは、主婦層に片付かない人の割合が特別に多いのでしょうか?

本来片付けられない人は、性別や、家族の有無や、仕事の有無に関係なくいます。むしろ片付かないという悩みが、他の層よりも主婦層にとっては身近で特別深刻な問題なのではないでしょうか。

なぜ主婦にとって、それほどまでに片付かない悩みが深刻なのかを考えてみました。

続きを読む

片付けられない 捨てられない悩みやストレスを軽くする方法

片付けられない 捨てられないこの二つの悩みがストレスになっていませんか?

片付けるとか捨てると人生が良くなるという言葉を見聞きする度に、そうする方が良いのは十分すぎるほどわかってはいるけど思うように出来ない、ますますストレスが大きくなり重くなってくる…

片付けられないと悩む人のほとんどが、捨てられないという悩みも同時に待っています。捨てられないと悩む人が必ずしも片付けられない訳でもありません。この二つの悩みが混ざってしまうことで誤解を生み、ますます片付けや捨てるということに関しての苦手意識が増幅しているようです。

片付けられないと捨てられないこの二つの悩みとストレスを軽くするための方法に心の観点から考えてみます。

続きを読む